2012年8月19日日曜日

記憶、 忘れること、思い出せないこと

IMAG0041s

これは、蚕のマユの形をした梱包用弾衝材。生分解性プラスチックと言う事と、発泡にフロンガスでなく、水蒸気を使っている、という点で環境に優しい資材のなれの果て。10年ほど前かな。この写真が分解の途中過程なのか、生分解部分素材部分が分解し終わった合成樹脂部分の残材なのかは判らない。

木廃材とプラスチックを混合した新しい素材の開発、ということで学びに千葉の木更津にある化学研究施設を訪ねた。行きは新幹線で横浜へ。横浜のそごうだったか、高速バスに乗ってアクアラインを通って木更津へ。迎えの車に乗って施設へ。予め送ってあった材を使ってプラペレットをつくってもらった。これを型に入れてプレスすると人工木材製品が出来上がる。その脇で、蚕のマユ型の弾衝材を試作していた。従来のビニルでなくポリ乳酸の剤でフロンでなく水蒸気で発泡させるという新しい物だった。昼は有名だという漁港の魚市場で。帰りはJR内房線で東京駅経由で。館山などという地名を覚えた。

 

これの残骸を見て、そんなことの一連をさっと思い出した。これまで全く思い出したこともない、すっかり忘れていた記憶。もしもこれを見なければ、おそらく思い出すことの無かった記憶。

先日、”ルリヤ:偉大な記憶力保持者の物語” を読んだ。記憶とは、どんな仕組みなのだろうか。忘れる事には、少なくとも2つの種類がある。記憶から抹消された物。もう一つは思い出せない物。どちらも失われた記憶だ。今回の例は後者。記憶には残っていた。それを思い出すことが全くなかった。あるキーに触れて記憶に残されていたことが判った。さらに、思い出せなくて、意識にもまったく現れないけど、覚えている事がある。身体が覚えたり、行動として習慣付いたり、意識しなくても何となく避けたり、嫌悪感が湧いたり。おそらくそれは危険回避の最も重要な記憶だろうと想像する。

 

記憶には際限がないのかも知れない。生き物は産まれてからのあらゆる出来事を、すべて記憶する仕組みなっているのかも知れない。意識上に思い出すかどうかは別問題で、そのデータベースに脳はたえずアクセスし、参照しながら次の行動を決めているのかも知れない。

 

なにかの拍子に、忘れていた出来事を思い出して、自分の軌跡にまた感動することがあるのかも知れない、と思うと、楽しくもある。

2012年8月12日日曜日

偉大なる記憶力の物語  A.R.ルリヤ

偉大な記憶力の物語――ある記憶術者の精神生活 (岩波現代文庫) A.R.ルリヤ、 読破

以前から気になっていた本。忘れない、と言う事、それが及ぼす暮らしとはどんなものか。記憶、音感、描画や、計算力、多くの人があこがれる”才能”、の持ち主の多くは、それを苦悩の種と思っている。誰ものうらやみは、隣の芝生、であり、無い物ねだりなのだ。

ここの主人公、シー と呼ばれる男は、全ての物事を記憶する。それを何年経っても指示通りに思い出す。意味のあることも意味のないことも。

本の最初で著者は、テーマを切り替えたと書いている。覚えることより、忘れる仕組み、間違える理由を探るのがテーマになったと。何を何処まで覚えているかは際限がなく、無限の記憶力だったと書いている。

この主人公のシステムは、我々とは違うかも知れない。かれは共感覚の持ち主だった。言葉や文字、音は固有の絵になって、味になって色になって彼の感覚に表れる。その言葉の語彙ではなく、音や文字の組み合わせに彼だけの絵や写真、味や色がくっついてた。それが記憶になって整理されて保管される。

彼が思い出すときに、希に言い間違える。それはその物の言葉や音ではなく、よく似た色、景色、味、似た共感覚の物と取り間違える、混乱させると言う。

彼は読書は嫌いという。言葉の語彙の現す物と共感覚で現れるイメージがいつもぶつかる。だから言葉の並びは覚えても、その言葉の意味すること、言葉の関連を一切理解できない。物語を読み取ることが出来ない。だから彼の生活の糧は、記憶力のショーになっていた。

人は皆違う。かれも共感覚について、誰もがそうだと思っていた、と語っている。誰もがそう思う。根拠もないのに、”誰もが自分と同じだろう”と。勝手にそう思い込むスイッチが備わっている。

忘れることが進化だろうか、覚えることが進化だろうか。つまり、記憶は仕組みとしてあって、忘れる機能を付加したのか、それとも覚える機能が発達したのか。それを意識するかどうかは別にして。たしかに生き物は生きるために外部環境をとりこむ。全ての生き物は最初の小さな危険を決して忘れてはならない。より大きな危険を回避する手掛かりにしければならない。

小さな生き物から、われわれまで、生き物の仕組みは同じように受け継がれている。

2012年8月3日金曜日

御岳登山 2012年8月

 

CIMG0793

年1回登っている御岳へ今年も。

昨年は小雨、雨具で登ったが、ことしは言うこと無しの晴天。しかも涼しい。

CIMG0797 CIMG0813

空気を通して見る山々の峰が、その距離に応じて藍の濃淡を描く。飽きない景色

 CIMG0814 CIMG0815

数分ごとに立ち止まる。足が疲れても休めば回復。生き物の仕組みに感嘆!

 GEDC0516

降りて振り返る。雲が出てた。

CIMG0833

 

GEDC0496