2011年1月28日金曜日

ライオンのあくびと、ヒトの文明

ライオンを見てみる。腹が減ったら獲物を捕りに行く。ふくれたらあくびをして寝る。発情期にはケンカをする。メスを争って愛を遂げる。子供を守り、仲間を守り、時を過ごす。

ヒトの言う文明は、ライオンのあくびの時間に似てる。あくせく働くのも、科学の発展や、想像と発見、危険への挑戦や華やかな芸術、巨大建造物に世界旅行。ヒトはそれを意義ある物と思っている。それが生きる意味であり、喜びであり、使命である。だから、そのために人は生まれた。

これに疑問を呈することは、やはり尋常ではない。世をはかなむのか、世捨て人なのか、はたまた鬱か破壊者か。危険分子になりそうな。

いやいやそうではなくて、生き物の姿と自分の中のなぜだろう?を問い詰めていくと、そんな壁に当たる。価値や目的、挑戦や発見、そもそもそれらを含めた”よろこび”と言うものに、疑問や不審を持たないと言うことが、まず不審である。なぜそれが嬉しいのだろうか?なぜそうしたいのだろうか?なぜそうでないことがイヤなのだろうか。なぜそれらを誰もが不思議に感じないのだろうか。

コレクションは楽しい。全巻集めたくなる。しかしあるとき突然無意味に思えることがある。他人のコレクションは全く無意味だ。なのに自分のコレクションは大切だ。大切って何?大切、と言う感情がそもそも怪しい。一度行ってみたい、一度乗ってみたい。一度見てみたい。しかし一度で終わったことはない。何度でも一度だけが繰り返される。それを不審に思わないカラクリが怪しい。

愛は永遠で唯一無二の出会い。結ばれるか死ぬかの選択。この前も後も一度きり二度とは永遠に来ない。多くのヒトが経験し、または想いあこがれて、それを何度も繰り返す。これが一番怪しい。だれもが平気な顔でこれを言い、世界中のだれもが認める気の迷いなのだ。いい加減なことをそしらぬ顔で忘れている。そんなヒト同士が厳格な法治国家、契約社会を築いていく。そんなものなぜ信じられる?

適当なときに厳格になり、時にいい加減で、泣いたり怒ったりの説明は一切着かず、いつも誰かが深刻で、悩みのほとんどは脳内での気まぐれな妄想で、そのようになった試しはない、と誰もが経験してるのに、気がつくべきは悩みの事柄内容ではなく、悩む行為、が焦点なのだ。

そう思っていくと、喰って寝て、子供を産んで、時にケンカして、それ以外はあくびをした方が、地球上の生態的には合っていると言うことだ。

0 件のコメント: