2010年7月25日日曜日

コウノトリは選べない

産まれてくる子ども達の何%かは障害を持っている。それは生き物の精密さ、緻密さの裏返しであり、ダイナミックな命の、大きなうねりの中の出来事なのだ。だから、資質や組み合わせ、道徳やあらゆる概念には無関係に、様々な形態の新しい命が誕生する。生きられる者、生きていけない者。かろうじて短い命を持つ物、それらは確率的な分布を持ってコウノトリが運んでくる。誰のせいでもなく、誰のとこへでも、問題を抱えた子供は運ばれる。くじ引きであり、運不運であり、運命であり、全てが授かり物だと言うこと。そして、どんな状況でも、喜怒哀楽は同じように存在する。

だから、誰の物でもなく、誰に押しつける物でもなく、みんなで支えていくべき物だと想う。

社会生活を営み、社会同士が絡み合い、距離を超えて絡み合うとき、子供はやはり個人の持ち物ではないと感じる。次世代という社会を構成する一因であり、前世代を支え、次世代に支えられる。それも流れの一部であり、私もその一部である。誰もが流れの一部を構成しており、隣だろうと離れていようと、無関係ではいられない。

同じように、人は他人の持ち物にこそ、快感が潜んでいると妄想する。自分の喜びの素を他人が持っている、と多くの人が思い込む。そんなことはあり得ないのに。だれも他人を喜ばすことを自分より優先することはない。つまり、自分が嬉しいことならば他人も嬉しいはずだと思い込む。なんの根拠も無しに。根拠を想う事もまずありえない。自分を喜ばすのは自分なのだ。他人が喜ばしてくれるのは共通の目的があるときだけ、たとえばそう、子供を持つとかね。恋は盲目なのだ。

誰も選べない、何も選べない。あなたの道に、喜びが置いてある。

うーん、暑くない、,,

暑さに鈍感である。暑くて困ると言うことはない。まあ、体質だろうと思っていたが、今年の暑さでも夜はクーラー無しで快眠である。自分でもちょっと変かなあと思うこともある。急にクーラーの部屋に入るとくしゃみが止まらない事がある。鼻水が出ることがある。アレルギーかな?車中でも一人だとクーラーは入れないで窓を全開である。自転車で帽子をかぶって走るのは、風が心地良い。確かに36度は暑いけど、イライラするほど暑くはない。夏バテもないし、寝不足もない。神経のどこかが鈍感になっているのだと思う。

とは言いながら、信条として、身体を慣れさせたい、という思いはある。暑ければそれなりに、寒ければそのように身体が慣れていくはずである。適応性、という能力は身につけたいと思っている。それがストレスに対処する方法で、免疫力なども育まれるのではないか、、、と信心している。”自然治癒免疫教” などという教団はない物だろうか。

小中大学生の頃は、クーラーはなかったので、夏は暑い中で授業だった。大学では唯一、コンピュータールームだけがクーラーが入っていた。これには驚いた。暑い暑いと言いながら、誰もが夏を過ごしていた。ヒートアイランドだどーのと言って、昔より暑いはずだと言うけど、1-2度の変化は、何年かのうちの夏にはやはりあって、40度近くもあったことと思う。それでもクーラーなんて水冷クーラーがデパートにあったくらいだ。今の冷房はやはりやりすぎだ。

と言うようなこともあって、冷房はキライだ。冷房は熱交換機だと言うことを多くの人は忘れている。暖房のように沸いて熱が出てくるのではない。こちらの熱をあちらへ移しているだけなのだ、しかも、利子をたっぷり付けて。右側を10度減らしてきて、左へ15度分増やす、と言ったような原理なのだ。熱交換、運動と熱、運動と仕事、すべからく変換効率の低い分余分な熱を発生する。クーラーなんてその典型で、収支をすると冷やす以上の熱が全体では増えているのだ。計算上ではこんなくだらない交換トレードはない。と言う意味から、冷房はキライだ。

一方、水分が蒸発して身体が冷える、というのはとてもスマートな仕組みだ。汗は気持ちが良い。汗は好きだ。汗をかいたあとのそよ風は、とてつもない快感である。そして、汗の臭いも悪くない。

話は変わるが、汗臭い臭いはフェロモンその物なのだ。草食系男女とか、結婚しない人々は香りを排除したためだと、私は強く思うのである。ある由緒ある実験で、女性は排卵期には特に香りに敏感になり、その時に選んだ男性は抗原の型が似ている(健康な子供ができやすい)例がほとんどという報告がある。これは私にとって信じやすい。理にかなっているなあと感心するのです。