2010年1月22日金曜日

脳は何でも信じる~妄想の共有

私たちは何でも信じる。根拠もなく、裏付けもなく、ひょっとした拍子に信じ込んでしまう。”信じる”と言うことはなんら難しいことではない。脳の中の"信じる”というスイッチが入るだけ。その細胞が神経伝達物質を放出すれば、それが信じること。

人それぞれに勝手にいろんな物を容易に信じる。正義、正論、真実、事実、理論、理屈、こだわり、筋道。信じればそのとおりだし、信じなければ虚空となる。おなじように、貨幣、証券、所有、ブランド、宝飾、逸品、それらも落ち着いて考えれば、信じた時にその価値が存在し、疑った途端それは霞のごとく消え去ってしまう。有る数以上の人々が信じたときに社会通念上に実存する。しかしそれはやはり個人の脳の中に存在する物だ。

個人的な最も端的な例は、恋愛だ。生き物の最も大切なものは生殖、増えることだ。何よりも優先される。自分や誰かの命、輝かしい軌跡や未来の可能性も、何もかもが恋の前にはどうでもいい一抹のチリなのだ。子孫を残すためにそれこそ、思慮分別のない盲目的な行動ができる。愛する人は容易に現れる、客観的に見ればそう。誰もがどこかでも恋を望み、愛を探している。運命の人は容易に初対面で突然、あたかも必然のように現れるし、知らぬ間に霧のように消える。恋に落ちるときも、恋から醒めるときも、何の根拠もなく、事由もなく、前触れや伏線もなく、現れて消える。正に夢のよう。

しかしだ、恋に落ちた者は誰も、その必然や運命を疑わない。確固たる信念と確実性、無限大の確率の母数の上に立って、唯一惹かれ合った奇跡を疑うことは、決してない。その希少な確率はすぐ隣でもあちこち、あらゆるところで起こっている。それは矛盾でなく、不思議でなく、そもそも計算や検証するものではない。つまり、”それほどの奇跡が愛し合う二人の間に起こっている”、と脳がささやけばそれが唯一無二の真実になる。生き物は、なにがあろうと、どんな理由でも、どんな感情であるかはどうでも良いこと、元気な子孫こそ、DNAに書き込まれた指令なのだ。

社会では、宗教、神話、聖書、UFO、それから、文化や文学、宇宙や世界観、物理や化学、進化や人種、あれこれ全ての物が、全ての人が根拠を持ってい確信しているわけではない。根拠そのものも妄想に過ぎない。脳の創造物、想像の世界だ。地球は丸い、と多くの人が訴えれば、少数の人はそれを信じないと社会で暮らして行かれない。”信じるスイッチ”はその時入る。天地創造の世界、誰かがそれを唱えて、多くの人がそれに賛同する。その時それは真実で、揺るぎのない事実となる。神も天地創造、聖書の世界が基盤となって社会が成立する。同じように、冒険、進歩、意欲、成功、成果、目的、なぜそれが必要で、それが大切だと思うのか。それも、”大切のスイッチ”が入っているからに違いない。”そうでなければならないスイッチが入る” から、それが大切で、生きる目的で、正義や正論が生まれる。信じる者には確固たる根拠や確信があり、信じない者には全てがまやかしだ。そして、それは疑わないように仕組み作られている、システムは自らに疑いをもたない、システムは決して立ち止まらないものだ。動いていてこそシステムで、停止は終了になる。システムは次々と処理を続けていかなければならない。

0 件のコメント: