2009年8月29日土曜日

我慢しなくてもよい、、、っていつから?

いつからか、我慢することは美徳ではなくなった。夢を形に。やりたいことをやり、欲しいものを得る。それをぜったいにあきらめない。あきらめないことは美徳。いつから?

限りなく突き進む欲望を、絶体にあきらめないで、赴くままに成し遂げる。そしてまた次の目標へ向かう。それを美徳にしたのはなぜ?それが受け入れられる、喜んで受け入れられるのはどうして?それこそは、私たちに科せられたDNAの使命なのだ。種を超えた、生態系の歩くべき道程なのだろう。

 

マラソンの後は、たった1杯の水は、何にも増して私たちを幸せにさせる。高級料亭の希少な食材は、塩加減一つで大きなストレスをかもし出す。私はクーラーが嫌いで、夏の汗は大好きだ。汗でぐずぐずになったシャツを揺らす風は、何よりも涼しい。どんなに暑い真夏の夜でも、かすかな空気の揺らぎが、この上ない快感を運ぶ。それに誘われて安らかに眠るために、昼間は一切クーラーを付けないし夏バテもない。つまり、自分に何を教えるか、だ。

 

食べられるだけで我慢し、要る分だけで我慢し、夢はそこそこに、想像と現実とを切り離し、犠牲を受け入れ、子供や親族の何割かの短命を受け入れれば、循環社会の仲間入りが、たぶんできる。どこかの国のお祭りや、さばけなくなったブランドのバブルイメージを見られなければ、仮想現実の脚本化された快楽におぼれなければ、たぶん、他の生き物との系に入ることができ、次世代進化の中に残ることができるのだろう。

0 件のコメント: