2009年7月30日木曜日

感情はコントロールできるか?

答えは出来ない。感情が人をコントロールしているから。感情は本能の事。生き物に仕組まれた行動形態。感情は生き物の基本的な動機を現し、それに沿って行動し、争い、逃避、防衛する。

 

私たちが冷静に判断し、意識して行動するとき、それはおおよそどうでもいいことなのだ。どちらへ転んでも、どれが真実で嘘であろうと社会での可否には意味があるとしても、生態系から見たヒトにはおそらくどうでもいいことだろう。仕事、プロジェクト、研究、学習、冒険、探求、財産、御殿、膨大な宇宙の果ても、深海の底にある物も、人の仕組みや遺伝子、陽子、中性子もヒトの、脳が産んだ種固有の概念、幻想にすぎない。どれが真実だろうと嘘だろうと、信じるも信じまいも生態系の未来にはなんら影響はない。

 

私たちにとって大切なのは、争いであり、恋愛であり、憎しみであり、暴力である。それはつまり、制しようとしても制しきれないところにある。自分のコントロールの外に位置する物だから、誰も止められない。それほど重要な物、最優先事項なのだ。つまり家族を守り、子孫の住処を確保し、お気に入りの配偶者を容易に奪われてはならない。そのために、律しきれない愛憎と、暴力と絶望がヒトに備わっている。それはヒトの仕組み、いや、地球上の生き物の仕組みだ。そのなかでヒトは生きている。

0 件のコメント: