2008年4月29日火曜日

もう一人のゾンビ

 頭の中にもう一人いる。言われてみれば思い当たることがいくつかある。

 車を運転する。何か他ごとを考えていても、ちゃんといつもの道を走っている。信号で止まって一旦停止で止まって、事故もなくすすみ、はっと気がつくと家の近くだ。また、ゴミ箱にゴミを放り入れようとする。何気なく放るとすっと入る。おっとと、これはすばらしいと意識して狙うとこれが入らない。無意識のうちに投げたゴミをコントロールしていいるのは誰だろう。
 自転車に乗る。ハンドルを握って、バランスを取りながら脚をペダルに乗せる。倒れそうになったら力強くペダルを踏むとバランスを取り戻し、自転車は姿勢を立て直す。そうやって自転車の乗り方を学んだ時から、いま、何も思わなくても乗れるし、どの方向へも自由に行ける。いま、自分に変わって自転車のコントロールをしているのは、いったいだれなのだろう。
 年を取ると耳が遠くなる。そこで補聴器を使う。補聴器を始めて着けた人には、騒音がうるさくてしょうがない。全く別の世界なのだ。つまり、普段何気なく無視できている無用な音ががきこえてしまうのだ。 
 であれば、普段聞きたいモノと聞きたくないモノを脳の中で分けているのは誰なのだろう。雑音と聞きたい音を分けているのは?
 私たちが意識と呼ぶ領域に、データをきちんと整理して送ってくれる誰かがいる。身の回りの膨大なデータをより分けて、意識に挙げてくれる。意識しないデータをきちんと整理して憶えておいてくれる。必要な時に大切なデータを引き出してくれる、誰かがそれをやっていてくれる。意識に上るよりも遙かに膨大な量のデータを素早く処理してくれるもの。
 私たちの知らない、本当の私。

0 件のコメント: