2008年4月28日月曜日

ゼロサム と言う言葉

 ゼロサム zero-sum だと思うけど、一時期流行った言葉。覚えている方も多いと思うけど、地球上はこれだと思うんです。意味は、合計するとゼロになる。言い換えると、総量は同じだよ、配分比率が変わるだけだよ。エネルギーも、資産も、糧も、合計は不変で、我々地球上でそれを必要として欲する者達が、分け合っているだけではないか。と思うのです。
 
 石油も、食料も、水も、安全や衛生も、医療や暴力も、誰かがそれを逃れた分、誰かがそれを抱え込んでいる、という構図はいかがだろうか。割り算の演算を思いだして、分子は一定で分母が増えれば割り当てが減る。人口が増せしてみんなに配分すれば割り当ては減る。あなたが望む生活レベルと安全と未来を獲得したければ、総量が同じセロサムを信じるとすれば、その割り当てに参加する人数を減らなければならない。 これが今の現実的な世界構造だと考える。つまり、貧困格差の拡大こそ、幸せを望む人の願いが叶えられる。これは、誤った筋道ではないと思うけど。
 さらに、エコロジカル(生態系)は、ヒトには制御できないところでバランスを取っているとおもう。慈悲と愛護による人口とエネルギー消費の爆発的な増加は、もうすぐ他の多くの生き物に再び場所とエネルギーを返すことだろう。これは筋の通っている話だと思う。

0 件のコメント: